東京から東京島へ、二泊三日の旅。最終日、今日は三原山へ。

昨夜は宿が取れず、結局、僕は一面が芝生になっているキャンプ場の様な公園で野宿をする羽目になった。
吹きさらしになっていたので、寝袋を使っているといえども熟睡は出来ず。
ようやくうとうとしたと思ったら、朝練に来た学生達の足音で目が覚めてしまった。
どこかの大学の陸上部か何かの様だ。
このまま寝袋に入っている訳にもいかず、これからの予定を考える事にする。
正直、何かをする気にはならなかったが、ここまで来た理由の一つを思う。
三原山だ。今日中には島を出なければならないので、行くとしたら今しかない。
ふらつく頭を振りながら、勢いをつけて立ち上がる。体の色々な所からばきばきと音がした。
寝ていないし、疲れも抜けていない。コンディションは最悪。でも行く。
出発地は元町港らしい。情報によると、ここから登山口までは歩いて二時間程度との事。
狭い島なのに歩きで二時間もかかるというのが妙におかしい。
登山口まではバスを利用する人が多いというが、僕は歩いて行く事にした。
貧乏性というか、けち臭いだけだ。
歩き始めてしばらくしてから、皆がバスを使う理由が分かった気がした。
道がアスファルトで見た目にも面白くもなんともないし、傾斜にかかると地面がアスファルトなので
余計に疲れるのだ。後ろを振り返ると、東洋のナポリというだけあって、眼下に広がる風景はそれなりには美しかった。
登山口に着くまでに何度もリタイアを考えたが、途中でリタイアした自分を想像して耐えた。
とは言っても、背中に7kgの荷物は中々骨身に堪える。
それでも、なんとか登山口に辿り着くと、先にバスで来ていた一団にぶつかった。
僕と同じく千葉から来ていた人達もいて、その中の一人は僕のお隣さんと言ってもいい位の場所に住んでいた。
離島と言っても、本土から三時間だから、まあ不思議ではない。
一団と離れ、一人に戻る。山頂、というか火山口を目指すのだ。
登山口に着き、いよいよここからという段階で、またしても壁にぶつかった。
またしても歩道がアスファルトなのだ。都会から田舎に来て何を求めるかというと、やはり自然であろう。
舗装も何もされていなくても、泥が跳ねても、それで構わないのに。
第一、山歩きの醍醐味は俗世と離れた山中他界を楽しむ事だ。そこにアスファルトがあるのはいただけない。
それでも仕方なく40分程歩を進めると、漸く足の下が砂利に変わった。それにしても、山頂付近までアスファルトが続くのはよっぽどだと思う。
ともかく、砂利道は今いる場所から火山口の周りをぐるっと走っている様に見えた。気を取り直し道なりに進んで行く。
歩きながら、いつしか高くなっていた標高と、遠くに見える富士山に思わず目を細める。
いつかは行ってみたいものだ。山風が段々強くなってくる。小さな子だと飛ばされてもおかしくはない。
火山口に着いた。自分の周りには何もなく、自分に向かって飛んでくる砂もなく、まるで体全体が風に包まれている様な気がした。
前に登った夜の山の中に吹いていた恐ろしい風とは別物だ。しばし、風の感触を楽しむ。
この火山口は、昔年間千人近くが飛び込んだという。
「底に」着くまでにも大変だったろうに、と我ながら妙な感想を抱いてしまった。
とりたてて、長居をする理由もないので下山する事にする。帰りはまたアスファルトだが、坂道であるのが救いだ。
ほうほうの体で再び港まで辿り着くと、土産物を買っていない事を思い出した。
出発にはまだ少し間があったので、手近な店の戸を叩く。
店内には自分以外に客がおらず、暇そうな店主らしき人が喫茶店でもないのにコーヒーをご馳走してくれた。
仕事の事など、僕について色々聞かれたので答えていくと島には男手が足りないから是非に、と移住を勧められた。
場合によっては嫁の世話もしてあげられるかも、との事。正直、気持ちが動いた。
丁度その時、船の出港が近づいた事を知らせる笛が鳴った。僕は、店主に礼を言って船に向かった。
明日からはまた、本土で仕事だ。
僕が島に行って帰ってきてから二年後、あの災害が島を襲う事になる。
僕が出会ったあの人達はどうしているのだろう。僕が行ったあの場所は。正直、確かめるのが怖い。キャッシング おすすめ

マイホーム計画中 ?積水ハウス完成物件見学編?

マイホーム計画中で、もう、間取りも決まってきたのですが、床の色合いとか、ドアや窓の感じを見たくて、展示場へ行きました。積水ハウスに行くと、近くで完成物件の見学会をしているとのことで、行ってみました。
3LDKで28坪なのでら割とコンパクトな作りでした。その中で、リビングを広めに見えるなうな工夫もあって勉強になりました。
窓も大きくて、やはり、解放感があっていいなと思いました。値段との交渉だけど、マイホームにも取り入れたい!!
けれど、自分のマイホームだったら、自分たちの引越し前に、色々な人が入ってあちこち触られるのは嫌だなぁって思います。自分が行ったくせに言うなと言う感じですが…。あれって、ハウスメーカーから、割引されたり、お礼をもらったりするのかしら??って思います。
あと、やはり、展示場は素敵な物件になるなと。実例とのギャップは、広さはあるけれども、コーディネートのバランスはやはり、展示場の方がいいし、床材などもいいものを使っていふから、素敵に見えてしまうなと思いました。ミュゼ うなじ 脱毛

ブラタモリ奄美大島編1回目放送を見て教えられた事

 ブラタモリは奄美大島編の第1回目放送が先日ありました。
昔,深夜の放送枠でタモリさんが東京近郊のみを探訪していた頃からのファンとしては,確か佐渡に続く島巡りでしかも南西諸島という遠隔地ロケが行われた事は驚きものです。
番組中で赤い蘇鉄や大島紬などの名前を聞くと,子供心に好きだった田端義夫さんの「島育ち」という歌を思い出してしまい感慨深くなりました。
奄美大島は鉄分を多く含む地質で成り立っており,絹糸を木染めしてから鉄分を含んだ泥の中に何度も浸す事で独特の質感を持つ黒色に仕上げるそうです。
そして何回も使用した泥の中の鉄分を回復するために,蘇鉄の葉を浮かべるそうです。まさに蘇る鉄分ですね。
また奄美は美味しい米が取れない土地柄なので,島津藩の圧政のなか年貢としてサトウキビの栽培を強要され,収穫量を増すために山の斜面まで段々畑としての栽培を余儀なくされた過去があったようですが,その多くのサトウキビ畑があったおかげで現在まで黒糖産業が根付いています。
また戦後の食糧不足時には,蘇鉄の実から取り出したでんぷんのおかゆで乗り越えられたと島の老人が語っていました。
老人は蘇鉄を恩人と言っており,自然の物に敬意と感謝を示す姿勢には本当の自然との共存を教えられた気がしました。脱毛ラボ 48箇所

WBCノーマークのイスラエルチームが韓国を撃破

WBC1次リーグA組でイスラエル対韓国戦が行われ、結果はなんと延長の末2対1でイスラエルの勝利となりました。イスラエルという国名から野球というイメージはほとんどありません。WBCにイスラエルが出場していることすら今回の勝利で初めて知ったくらいですが、よく見てみるとイスラエルチームにはメジャー経験者が結構いるようです。アメリカの評論家たちの間では結構評価も良かったようで、韓国よりもチーム力は上との事でした。韓国戦に先発した投手も年齢が38歳とはいえメジャーで124勝をマークしています。メンバーのほとんどがユダヤ系アメリカ人という事もあり、イスラエルという国名でありながらもアメリカのチームと言っても過言ではありません。数多くの国からメジャーリグに参加している選手がいるのですから、こういう事は起こりうることです。ドミニカやプエルトリコといった中南米のチーム以外にもメジャー経験者は多くいます。それを考えるとメジャーの野球に対する国際貢献度がすごく高いことがわかります。こんなふうに野球が少しずつ世界に広がって行ってこのWBCがサッカーのワールドカップのようになっていければいいのになぁ思います。http://www.912inc.co/

2020年東京オリンピックに向けて進む技術の進化

最近のニュースでDNAを編集し猫の寿命を倍にすることに成功したというニュースを見ました。
そして現段階では猫のみに成功しているそうなのですが、2020年には人間にも応用可能にするという意気込みも記載されておりました。
スマホがなかった時代からスマホがある時代の違いって凄まじいなと感じて居たのですがそれどころでは無くなって来ているようです。
2020年のオリンピックを起点に何か大きな変化があるような気がしてなりません。
人類が騒ぎ立て自国の選手や好きな選手を必死に応援している中、私たちの知らない中で一体何が行われているのでしょうか?
2020年には自動運転カーは街で走ることが可能にするそうですし、もちろん日本国内だけではなく、負けじと世界各国で競われるでしょう。
裏オリンピックの開催は始まって居ます。
機会やロボット、人工知能、医療技術の競い合いが始まりますがこう言った実験などの裏には悲惨な現状があることがほとんどです。
オリンピック以降私たちの生活はどうなっているのでしょうか。http://www.sxslss.com/

お住まい喫茶店〜たまにはひとりでゆったり過ごしたい〜

今週後半、三人の乳児を連れて彼がキャンプに行くと話しました。
ほんとにこんなことを急きょ言いだすのはやっとではないので、
「好きにしたら?」
と承知。

そういうわけで週末はセルフなの、とお母さん支援に話すと、
「悠然とできて宜しいじゃない! 自分だったら喜んで送りだすわ〜」
と羨ましそうな表情で言われてしまいました。

そんなふうに言われると、みずからゆっくりやり過ごすのも良いかも?と思えてきます。
考えてみれば、ウィークエンドにみずからあかすなんて嫁入り以後一度もなかったかもしれません。
自分の歳月を持つなんてもっと、ますます先のことだと思っていました。

そういった降って湧いた週末のひとり暮し。
家庭がいるとできない場所。
やってみたい場所。
出かけたい近辺。
考え始めると続々それも目指すこれもしたいと出てきます。
(でもたいてい、常にうちにいるんだろうなぁ)

旨いスイーツを用意して、自分のためにコーヒーを煎れて、翌朝のことなど考えずに深夜まで映像鑑賞するのも良いかもしれません。酵素 一番痩せる

今年こそは始めるぞ!カメラで世界と繋がる趣味

去年の夏頃にカメラを始めようと思い初心者ですので先ずはミラーレス一眼を購入し、最初はウキウキとして色々と写真を撮っては満足していたのですがカメラ歴の長い人などの写真を見ると自分の撮った写真との差が天と地ほどあり、センスもないし自分には出来ないんだろうと決めてしまい一瞬で写真を撮らないようになってしまいました。
今年に入り、インターネットで色々な人のブログを見ていて同じようにカメラを始めたけれど上手く撮れず簡単に辞めてしまいカメラが眠っていたが撮り方なるものを自分なりに学ぶことにより面白くなってきたという記事を読み、自分もやはりちゃんとカメラの知識をつけてみようと思い本を読んだりインターネットで情報収集をしてカメラを撮っては分からないところを調べてなどをしているうちに楽しさが分かってきました。そして、撮り方も昔よりは理解したおかげで以前よりも全然良い写真を撮れるようになったのです。
今ではインターネットで自分の撮った写真をアップしそれを世界中の人に見てもらい「いいね」や「Great shot!」などのコメントを貰えるようになり、今年こそはこの趣味をもっともっと本格的に始めていこうと思っているところです。
この春からはこのカメラ趣味でもブログで紹介していけたらと思います。ミュゼ 予約取り消し

メルカリ始めました〜やってみると意外と楽しい?〜

友人の勧めでメルカリを始めました。ヤフーのオークションとは違うの?ちゃんと出来るだろうか…不安でいっぱいの私でしたが、やり始めてみると意外と楽しく、すぐにこのアプリに夢中になりました。無理難題なことを言われたり、発送するのを忘れて購入者の方からクレームが届いたり、嫌なことも多々ありましたが相手の立場に立って考えることの大切さ・人とのやりとりで注意することは何か知るきっかけとなり、とても良い機会となりました。スマホで簡単に出品することができ、かつ大手オークション会社にないものを取り入れているこのアプリ。開発した人は賢い人だと思います。ユーザー層とのトラブルが多いのでそれがないともっと良いかな。特に若い人や中高学生はルールを守らなかったり、いい加減なところが目立つので出品する際はお金を取るなど、一定の制限をかけて欲しいです。ルール違反とユーザー同士のトラブルに気を付けてこれからも継続的にこの仕事を続けていきたいと思います。以上、私がメリカリを始めたことに関しての記事を終わります。ミュゼiゾーン

もうすぐ父親のお日様。何をプレゼントしようかな。

これからお父さんの日光。
平年なやむ。
お父さんの日光と言っても旦那の要素。
子供たちと何かください・・っとなったのだが・・
旦那は現在ボディーをわるくして自由に外側にもみずからいけない調子。
最近は外側に行くのは病舎に診療などが残る時だけ。
ほしい物なんかないってぶっ続けいってるし・・。
そこで我が家の可愛い幼児ちゃんが、どこかにつれていってあげたいねってぼそっとワンポイント。
そう何かうまいものでも食べに行こうってことになった。
旦那との動画から、従来、とことんゴルフに行ってうた旦那。ゴルフの帰りに後押しといったていた鉄板の仕事場がおいしかった・・ってぼそっと言ったのをおもいだした。
そこでお父さんの日光は過ぎて仕舞うけど月末に世帯4ヤツで航行をかねて行くことに決定した。
旦那も楽しみにしている空気。
いかなるギフトより大人になった幼児とこどもと一緒に過ごせることが一番のギフト的。
その時に何か特徴に居残る物もギフトできたら良いなっておもってる。
長々考えるのは大変けど、しあわせな時間でも居残るな〜っt想う。
素晴らしいお父さんの日光になりそうな予感がするわ(笑)キレイモ 9500円

カンデミーナグミを探したけれど見つからなかった…

ひとたびタンクターゲットを着てポイントを味わってしまったが天王山、もはや袖があるとしんどく思うようになってしまいました。でも時々寒く見受けるときもあるんですよね…。
それより、既に全国で刀剣乱舞タッグのカンデミーナグミが販売されているとの内容を得たので今日の夕暮れに嬉嬉として買いに究極へ出掛けました。そして甘味カーブへ赴き、もっとガム・グミが並べられているスポットへまぶたをやり、それはとうにあちこち見つけ出しました。しかし胡散臭いことにカンデミーナグミはどこにも見当たりません。甘味だけに。あれ?私のまぶたはこんなにも悪くなったのかな?と思いましたが、さすがありませんでした。完売というわけではなく、そもそもこのお店には置いていなかったのです。
なんというか、生まれ故郷は毎度そんな積み重ねを決める。そういったのが発売されると、いつも見越し幾分諦め幾分なんですよね。まあ今回は別の究極には如何にもあると思いますし、なんならコンビニエンスストアに行けば更に見つけ易いと思うのでそこまで失意はしていませんが…。傍、別のタッグ産物だったのですが販売されると聞いていたのに私のいる科目ではかなり販売されていなくて悔しい思いをしたことがありました。生まれ故郷チームって苦しいことが多いですよね。逆に、間近いのにこと行けない、とかもそれはそれでひどいと思いますが…。
便宜上、翌日また別のお店でカンデミーナグミを探してくる。キャッシング おすすめ